TOP > ご相談例 一覧 > 同じ話の繰り返しで疲れました。

同じ話の繰り返しで疲れました。

私は現在52歳。同じ年の彼とは同居して1年半になります。
お互い再婚同士で戸籍を入れる入れないは関係なく

まずは同居しようということになりました。

彼とは14年くらい前同じ会社に勤めていて、

上司と部下の関係でした。
そのときは特に一緒に仕事をすることもありませんでしたが、

神経質な難しい上司だというイメージでした。
もともと彼と私の間には共通の知り合いがいましたので、

その人と1年半前に会った時に彼も同席していました。
その時に、彼のお母様は現在老人性痴呆症で施設に入院しており、

彼の持ち家は現在彼一人で住んでいて、

2世帯住宅で2階が空いているので、

シェアしないかということから同居へと話が進みました。
住居は閑静な住宅街で、近所の手前もあるので

夫婦という形でも悪くないね。

と話はトントン拍子に進み、現在は事実婚状態です。

私が今回相談したかったことは、彼は東京の有名大学を卒業し、

かつて大手自動車ディーラーのトップセールスマンとして

全国的に名前がしれた人でした。

それは以前から聞いていたのですが、

現在は生保、損保の営業を個人事業レベルでしています。
私はというと、飲食店を経営していましたが、

経営不振から借金を抱え3年前に閉店しました。
その後、なかなか就職も見つからず、借金は増える一方でしたが、

なんとか今は正社員で働くことができるようになり、

ただまだその返済で給料は右から左の状態です。
おおまかにそういう経緯も彼に説明した後に

現在の生活となったわけですが、もちろん誰でも同じだと思いますが、

最初はとても余裕があるし、これからの生活は自分と一緒だから

何も心配しなくていいと言ってくれました。

それをすべて信用したわけではありませんが、

毎月支払いの請求や電話がきたりする不安から夜も眠れず、

体重も減ってしまった当時には、とても安心出来る場所ができたと思い、

ホッとしていました。
その後、彼から自分の生まれてから現在まで、

特にその自動車ディラー勤務時代の話を幾度となく聞かされていました。

若干20代後半で150人の部下を抱えていたこと、

将来は大手企業の役員として有望視されていたことなど。
その後、大手外資系生命保険会社からヘッドハンティングを受け、

そこでも優秀なセールスマンであったこと。なども加えて聞かされました。

確かにその頃の彼の活躍はとても素晴らしいものがありました。
そして、その後現在施設に入院しているお母様が、

脳梗塞から寝たきりになり、しばらくは自宅で彼が

一人で介護していた頃の話も聞き、

仕事と両立していた大変さも聞かされましたが、

それはとても苦労しただろうということは私にも理解でき、

ねぎらう言葉をかけていました。
彼が毎日私に話してくれる話は、このふたつと、

そして現在の政治、政権について、韓国、中国の現状そして国民性に関してです。
政治、中国、韓国についての話は罵倒と批判の連続で

口汚い言葉で罵る。だからだめなんだ。
死んでしまえばいい。といった内容についてです。
そして、テレビに向かって出ている人をけなしたり、

怒ったり、最初はとても驚きました。
この人は何を怒っているのだろう?と。

彼のことはここまでにして、私のことを書きます。
私は3人きょうだいの長女ですが、

弟と妹とは年齢が離れておりますので、

姉と母の間という関係で、弟や妹の世話を生まれた時からしてきました。
母は若い頃から耳を悪くしており、母について母を助けてきたりもしていました。
母は自分の体の障害については引け目を持っていることが伺え、

とても明るくて笑顔の絶えない毎日でしたが、とても厳しく育てられました。
高校生になっても門限は夕方5時で、

それをすぎて帰宅しようものなら家には鍵がかかっていていれてもらえない、

日曜は外に遊びにいかないでうちにいなさい、

など今では考えられないルールが我が家にありました。
今でも、きちんとしなければいけないという、

自分の中のルールが邪魔されそうになるととても不愉快さを感じます。
父はお酒を飲むと人が変わって暴力的になり、

母もよく殴られていましたし、私も時々殴られた記憶があります。


そんな二人の間で、私は常に大人の顔色を伺って暮らしていました。

大人になってもそのくせは治らず、みんな仲良くできたらいいね。

というのは建前で、自分の周りの人の機嫌を損ねないようにビクビクして暮らしてきました。
最初の結婚は、そんな状況から逃げ出したくて10代で結婚してしまいました。

夫は4歳上でしたがまだまだお互い未熟で、

結局わがままな夫に抵抗することもできなくて、

顔色を伺いながらの生活に耐えられなくなり、

結婚20年目で離婚しました。
その後、派遣で働いたり、夜の飲食店経営をしたり、

喫茶店を経営したりしましたがうまくいかなくなり今に至っています。
最初はうまくいくのですが、

どうしても自分自身が頑張りすぎて疲れてしまうのです。

前置きが長くなりましたが、ご相談というのは彼のことです。
彼とは我慢することもなく心的に楽な気持ちで暮らし始めたのですが、

とにかく過去の栄光にすがりつき、よかった頃の話を毎日聞かされ、

テレビに向かって罵倒、やじを飛ばす彼。
私が何か話をし始めても、必ず自分のペースにのせてしまい、

結局自分が輝いていた頃の話へと・・・・・。

しかも、私が話している最中でもおかまいなくよこやりを入れて

自分の話にしてしまい、最初に何を話していたのかすらわからなくなってしまう。
最近では、その話もう何百回も聞いたよ。

といって遮ってしまうことが多くなりました。

当たり前に空気が重くなってしまいます。

テレビを見ていて罵倒し始めると、私は黙って別の部屋に移ります。

そんな言葉聞いていたくないからです。
汚い言葉で人を罵るという行為がとても私は嫌いだからです。
どんな悪い人でも頭ごなしに罵ったり責めても

なんの解決にもならないと私は思っています。
冷たいかもしれませんが、

その人が自分でしたことが悪い結果になったとしても、

それは自己責任で私が攻めたり罵ったりしなくても、

その人はよくないことだとわかっているか、

もしくはことが起きてから悪いことだったんだと気づけばいいんだ、

人は自分で気づかなければその人のためにはならない。と思うからです。

それに加えて、浪費グセがひどく、

きっと私が喜ぶだろうと思ってくれているのでしょうが、

仕事の帰りに何かを必ず買ってきてくれます。
でもそれは、同じようなものがすでにうちにあったり、不必要なものばかり。

少額とはいえ、積もり積もれば多額になります。

ただでさえ、亡くなったお父さんの遺品、

おかあさんの所持品、前の奥さんと子供たちの

残していったものが家の中に溢れかえっていて、

生活さえままならなかったのを、

一生懸命にものを減らそうと休みのたびに処分してきたのに、

これではまらものが増えてしまいます。
ちなみに、まだ庭の物置、空いているスペースに

いらなくなった電化製品や家具がやまづみになったままなのです。
量が半端なくて1年半たった今でもまだ半分くらいは片付かないままになっています。

支払いもたくさんあるようで、あちこちから請求の電話が

かかってきたり、請求書が届いたり、

昨年は電気料金が未払のために電気が止まったこともありました。
脱いだ服はそのまま放置で、次から次から出してくるので

片付けた部屋もすぐに散らかってしまいます。
ではなぜ一緒に暮らしているのかと思われるかもしれませんが、

洗濯やそうじなどの家事はよく手伝ってくれますし、

そういったことに嫌な顔ひとつしません。

なんだかただ単に愚痴みたいになってしまいましたが、

あまりにも同じ話が多いこと、テレビに向かって罵倒するなどもそうですが、

いきなり怒り始めて止まらなくなることもあり、私は混乱するばかりです。
そしてそんな生活が1年半、とても疲れてしまいました。
できれば彼とは仲良く楽しく暮らしていきたいと思っています。
どうやったらそれが可能なのかを知りたくて相談することに決めました。
私は好きなように生きてきました。

今回のことも、周りはそんなに簡単に決めてしまって

いいものなのかと心配しましたが、

大丈夫だと言い切ってしまった手前、

身近な人に相談することもできず困っています。

どうかよきアドバイスをお願い致します。

pika pika からの回答

誰にも話せないさん、初めまして。

pika pika の高橋と申します。

出来れば彼と仲良く暮らして行きたいとのこと。
お役に立てそうなことをお伝えしますね。

まず、彼はとても
「自分はスゴイ男だ」
「とても尊敬されるべき人間だ」
という気持ちを満たしたいところがあるようです。

彼がそのことを意識しているかはわかりませんが、
日常生活の中で、
「ここがスゴイ」
「あなたのここが尊敬出来る」
と思う事を、心から伝えてみて下さい。

案外、彼は自分に(もしくは、今の自分に)
自信がない状態なのかもしれません。

テレビを見て罵倒するのは
「こいつらよりも、自分の方が優れている」
という感覚で、自分が自信があるかのように
感じるから・・・などの予測が出来ます。

ですが、そこを褒めたり尊敬したりは
なかなか出来ないですよね。

なので、
「あなたは夫(パートナー)として、こんなに素晴らしい」
「あなたのこんなところが頼もしい」
「あなたのこんな姿が男らしい」
など、
心から尊敬出来たり、すごいと思えたりする所を
素直に伝えてみるんです。

すると、
ただ自分で「そんな感じを味わっていた」方法が
「奥さん(パートナー)が、本当に尊敬してくれている」
という実感に変わるので、
そちらで心を満たしてもらえるのでは・・・
と思います。

とは言え、言うのは簡単ですが、
実際にやってみると、
いろいろな支障が出て来たり
具体的にどうしていいのかわからないこともあると思います。

その場合は、下記のホームページに直接ご相談下さい。
メールのみのやり取りでしたら、
無料で行っております。

http://www.kokoromori.jp/

ご縁があって出逢えたお二人だと思います。
愛あふれる素敵な人生を作って行けるよう、
応援させて頂きます。

お二人の毎日の生活が、幸せでキラキラ輝いて行きますように。

お問い合わせ

TEL: 070-6613-9012

FAX: 019-601-9694

e-mail

pika-pika@kokoromori.jp

 

LINE@  友達登録受付中!!
メッセージお待ちしてます♪

相談受付時間

☆ 完全予約制 ☆

 10:00 ~ 19:00 相談可

 

コーチング

facebookへ移動
カウンセリング.com

リンク (カウンセリング)

トピックス

トピックス

 夫婦の相談も岩手のカウンセリングpika pikaへどうぞ。人には言えない家庭の悩み、DV(家庭内の暴力)や性的なお悩みなど、どんな些細なことでも打ち明けてみてください。あなたの悩みを解決へと導きます。

 悩んでいる事、話したい事、話せる事を話すだけで心はだいぶ楽になるものです。一人で抱えこんでいるそのお悩み、一度カウンセラーに相談してみませんか?

 ご家庭・お仕事・恋愛・人間関係の不安や悩み・トラウマから

開放されて、新しい自分になりませんか。岩手のpika pika

あなたの気持ちに寄り添うカウンセリングで、よりよい方向へとアドバイスいたします。

 岩手家運セルイングのpika pika には、絡まっているお悩みの、ほどき始めの糸口を見つけるスキルがあります。ご相談頂いた方の  98%  から、相談して良かった!と評価を頂いています。

 

 人には言えない家庭の悩み、DV(家庭内の暴力)や性的なお悩みなどお1人で抱え込まず、どんな些細なことでも打ち明けてみてください。プライバシーは必ず守ります。夫婦の問題の相談も、岩手カウンセリングpika pikaへ。

 

 

カウンセリング岩手のpika pikaには、相手の話を否定せず、さえぎらず、受け止めてお聞きする傾聴専門のスタッフがおります。ただ話を聞いてほしい、そんなあなたもお待ちしております。

 

 

ちょっとした心配事や悩みでも、一人では解決しづらいことがあります。そういった場合は、お気軽にご利用ください。誰かに聞いてもらいたい、誰かと話したい、そういったときの話し相手になりますよ。

 

 

長い間一緒に暮らしていると、いつの間にか歯車がずれ夫婦問題がでてきます。

もっと夫婦関係をよくしたい、性生活の悩み、別居、離婚。二人では解決できない時

にカウンセリング 盛岡pika pikaに相談をされてみてはいかがでしょうか。お互いの

 

問題点を見つめ直し、もう一度夫婦の絆を取り戻せるかと思います。

 

夫婦の相談も岩手のカウンセリングpika pikaへどうぞ。人には言えない家庭の悩

み、DV(家庭内の暴力)や性的なお悩みなど、どんな些細なことでも打ち明けてみて

ください。あなたの悩みを解決へと導きます。

 

心に抱える悩みを解決し、ラクになりませんか?岩手のカウンセリングpika pika

は、どんなお話でも、驚かずに受けとめます。性別も年齢も問いませんのでお気軽に

ご相談ください。

 

悩んでいる事、話したい事、話せる事を話すだけで心は

だいぶ楽になるものです。あきらめる前に一度カウンセラーに

 

悩み相談してみませんか?何か変わる良いきっかけになるかもしれません。

気持ちが落ち込んでいる方、イライラしてしまう方、なかなかやる気が出てこない方、うつ病かもしれないと感じている方。自分と向き合い、心のケアをしませんか。岩手 のカウンセリングpika pikaまでお気軽にどうぞ。

心の中でもやもやしている悩み、話すことでラクになる場合もあります。カウンセリングや恋愛などのお悩み相談は岩手のpika pikaまで、お気軽にご相談 ください。

夫婦問題にもカウンセリングは有効な手段とされています。二人だけの話合いだと

どちらが良いか悪いか混乱状態に陥ってただひたすら気持ちの整理がつかない状況が

続く場合があります。そのような場合はカウンセリングを用いると、自分たちの抱え

 

ている問題を見つめ直し考えやすくなるようになります。☆カウンセリング 岩手☆

恋愛やご夫婦のコミュニケーションは多くの人にとって、生涯にわたって課題になる大切なテーマだと思います。時にはご家族や友人にお話し出来ないようなこともあ

ると思います。そんな時には、カウンセリング 盛岡pika pikaにご相談ください。心理学・カウンセリング・コーチング・セラピーの専門家が解決へと導きます。

「夫婦は年々マンネリ化する」は、ウソ。現在夫婦関係がうまく

いってない方も、これからの未来に不安を抱いている方もご安心ください。

ほんの少しの工夫をするだけで、新婚の頃のようなお互いを想い合う夫婦へとなれるのです。夫婦の相談も岩手のカウンセリングpika pikaへどうぞ。

人には言えない家庭の悩み、DV(家庭内の暴力)や性的なお悩みなどお1人で抱え

込まず、どんな些細なことでも打ち明けてみてください。プライバシーは必ず守りま

す。夫婦の問題の相談も、岩手カウンセリングpika pikaへ。

ご家庭・お仕事・恋愛・人間関係の不安や悩み・トラウマから

開放されて、新しい自分になりませんか。岩手のpika pika

あなたの気持ちに寄り添うカウンセリングで、よりよい方向へと

 

アドバイスいたします。

あなたの心は疲れていませんか?体は健康でも実は心が疲れている方も多いことでしょう。そんな方には岩手県盛岡市のpika pika のカウンセリングがおすすめです。

 

コーチ&メンタルカウンセラーがあなたの悩みを解決へと導きます。

誰にも言えない悩み…夫婦のこと、自分のこと、過去のことなど心に抱えるお悩みをラクにしませんか?岩手のカウンセリングpika pikaでは、どんなお話でもお聞きします。

 

あなたの中にある「答え」を一緒に見つけましょう(*-^*)